オシャレはダンコレから始めよう

ある意味、ラフとも言えるスタイルは素敵です。でも、どこかでオシャレは表したい。
だったら、どこが適しているか。それならやっぱりダンディズムを意識するから。
まずは、オシャレは見えないようで、見えているところから始めないといけない。
足元はどうだろう?やっぱりこだわりは、そこからが基本なのかも知れないと思う。
服装にこだわりを持つことは大事ですが、足元がよれよれではやっぱりダメです。
それなら、やっぱり足元からが1番ベストだと感じるからなのです。
足元から始めたとして、オシャレはダンコレから始めようと考えるべきなのです。
例えば「ペルフィット」などの靴は、「完璧」を意味するイタリア語でふさわしい。
それを履きこなすことが出来たら、ダンコレは意識して出来ることに繋がります。
そこから、服装や他にも自分で見つけることが可能になってくるのでいいのです。
まさにダンディを意識するなら、目立つところより隠れてチラッと見えるところから。
そこは見えていないようで、仕事でもオフの日でも意識するのにふさわしい足元。
オシャレはまずはそこが、自分にとって1番の見せどころなので、意識もしないと。
普段の何気ない会話にも優しさを、ダンコレは内面からも現れるからといえます。